しわとたるみは美容外科で改善出来ますよ|痛快!脱皮計画

美容整形

現在メス不要で改善へ

女性

しわやたるみといった症状には、現在メスを使わない注射での治療が行なわれています。こういった治療を利用すれば、美容医療をより快適に受けることが出来るのです。経験ある医師やアフターケアの整っている医療機関を選ぶことで、治療にも安心して臨むことが出来ます。

もっと詳しく

美容整形で熱いもの

女性

頬のたるみ改善に、メスを使わないサーマクールという施術が人気を呼んでいます。施術料の相場はだいたい1回10万から30万で、半年から1年、効果が持続します。人気の秘密は手軽さです。傷も残らずダウンタイムもほとんどない、施術時間も30分と短く、会社帰りに気軽に受けることができる、現代のたるみ改善法です。

もっと詳しく

痩身治療の意味

美容

自分で努力しても上手く痩せることができない人は、美容外科クリニックへ行って脂肪吸引手術を受けるとよいです。名古屋市内には脂肪吸引が上手いという評判が立っているクリニックがいくつもあります。施術にかかる料金は、だいたい50〜80万円位です。

もっと詳しく

眉下切開で解消する事

目元がすっきりします

美容整形

眉下切開というのは、眉毛の下側で皮膚を切開して、余分なたるみや厚みを解消する手術です。美容外科で行う眉下切開は20代の若い人から加齢によるたるみが気になる中高年まで、幅広い年齢層の人が手術を受けています。 大きな目にしたい場合に、若くて二重であっても、まぶたがぼってりと厚みがあり二重のラインに被るような場合、眉下切開でまぶたの脂肪を除去すると、本来の二重のラインがきれいにでます。 加齢によるたるみでまぶたが目に覆いかぶさっている場合も、眉下切開で余分な皮膚を切除します。たるみが解消され目元が若返ります。 上瞼が目に覆いかぶさってくる眼瞼下垂を解消することは医療行為として行われてきました。その技術力を生かして美容外科ではたるみや脂肪を除去する手術を行っています。

傷跡が残りません

眉下切開は昔からある方法で、眉毛の下のぎりぎりのラインで切開し、縫い合わせます。昔は切ったところから眉毛が生えなかったり、傷跡が残るということから50代以降の人に多く行われていました。現在は、毛包斜切断法という手術法が考案され、切開する部分の毛根を傷めることがなくなりました。そのため、手術後に眉毛が生え、切開した傷跡が見えなくなります。また、傷跡が引きつれない縫い方も工夫されており、眉下切開は傷跡の残らない手術が可能になりました。 眉下切開の手術を受ける場合には、毛包斜切断法を採用しているか確認します。ホームページなどで手術の説明があるので、読んで参考にします。 眉下切開は目に覆いかぶさり視界が悪くなるほどの人の治療方法としての医学的な歴史と技術力があります。美容外科の美を求める治療法と技術力が眉下切開を傷跡の残らない手術にしています。